顔まわりのカットを少し変えるだけで

2019年2月7日

こんにちは。SHIKIO HAIR DESIGN(シキオヘア)の吉川ミチオです。

幅広い世代の方に愛されてるボブスタイル。

お手入れのやり易さなど、自分でも簡単に扱える事もあり

長くボブスタイルを楽しまれているお客様も多いです。

ただ、ずっと同じようなスタイルだと飽きてくるので

パーマやカラーで少し変化を加えたりもしますが

それでも、少し変化をつけたい時には

顔まわりにレイヤー(段差)をつける事をオススメします。

レイヤー(段差)に抵抗がある方もいらっしゃると思いますが

レイヤー(段差)の量を調節する事もできます。

レイヤーの量を増やすと、ひし形のシルエットになります。

目の横からフワッと動きをだしたい方や

トップにボリュームが欲しい方などにオススメです。

横から見た時のラインが少し前に上がるので

ボブの真っ直ぐなラインを残されたい方は

顔まわりとトップのみにレイヤー(段差)を加えると良いですよ。

今日のお客様は、顔まわりと表明のみにレイヤー(段差)を加えました。

ボブのラインは残しながら、顔まわりの見え方が変わります。

毛先のカールは、以前にかけたデジタルパーマの残りです。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です