梳きすぎたヘアスタイルは、艶・纏まり・スタイルの持ちを悪くします。

2018年11月6日

こんばんは。SHIKIO HAIR DESIGN(シキオヘア)の吉川ミチオです。

シキオヘアは朝の9時から、月曜日も営業してます。

今日のお客様。

ボブスタイルですが、必要以上に梳きが入っているため

髪の毛が、あっちこっちに暴れるので

上手くまとまらないのが悩み。

横の髪の毛の量に対して!後ろの髪の毛の量が多いため

バランスが取れていない状態でした。

必要以上に梳きが入っているヘアスタイルを修正する時は

思い切って長さをカットする事をオススメします。

長さを切れないケースの時は、時間をかけながらゆっくり整えていくしかできません。

長さを切っても大丈夫だったので

乾かすだけで大丈夫なショートボブスタイルに仕上げました。

梳く事が絶対にダメな事ではなく

必要な所に、必要な梳きを入れるのが大事です。

髪の毛の艶、纏まり、ヘアスタイルの持ちには

お客様の髪質やクセなどにあった、髪の毛の量が必要になります。

髪の毛が伸びてくると、重たく感じますが

髪の毛の量が増えたのが原因なのかな?

とお客様は思いがちですが

伸びた髪の毛を切って、形を整えるだけでも

髪の毛は軽くなりますし、重さを解消できます。

ヘアスタイルの形を整えた後に、

髪の毛の量がたまっている所だけを梳く。

ヘアスタイルの形を整えずに、梳きだけを入れたカットは

形が整っていないので、持ちも悪くなりますよね。

カットは本当に奥が深いですが、

お客様と一緒になって、ベストなヘアスタイルをつくりあげていきますね‼︎







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です