乾かしてもウェーブが残るのが、デジタルパーマ。

2018年7月6日

こんにちは。SHIKIO HAIR DESIGN(シキオヘア)の吉川ミチオです。

5年ぶりのパーマにトライするお客様。

以前は定期的に、通常のパーマをかけていたらしく

濡れているとクルクルっとウェーブが出ますが

乾かすと ほとんどウェーブが残らない為

スタイリングに苦戦した過去があったそうです。

通常のパーマは、霧吹きなどで軽く髪の毛を湿らすと

ウェーブが戻ります。

その状態にワックスなどをもみ込むだけで

あとはそのまま自然に乾けば、パーマスタイルの完成です。

髪質や髪の毛の状態によっては、髪の毛を軽く湿らす程度ではウェーブが戻りきれないケースや

元の髪の毛が硬くて直毛の方などは、乾かすとほとんどウェーブが残らないケースもあります。

今日のお客様の髪質は、多毛で硬くて直毛。

通常のパーマをかける場合は、朝からしっかり湿らさないといけません。

今回は、毎日のお手入れも考えて

乾かしてもウェーブが残る、デジタルパーマで仕上げていきました。

髪の毛が濡れた時と乾かした時のウェーブの差が少ないデジタルパーマ

シキオヘアでは、階段状に温度(40度〜80度)を調節していきます。

髪の毛が濡れている時は、このくらいウェーブが残ります。

慣れるまでは、ドライヤーの弱風で乾かすと上手くいきますよ。

乾かした状態です。スタイリング剤をもつけていません。

乾かした状態で、このくらいウェーブが残っていれば

朝のお手入れも簡単です。

しっかり動かしたい方は、セット力のあるワックス

艶やまとまり重視の方は、バーム系のスタイリング剤がおススメです。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です