低温デジタルパーマ

2017年11月4日

こんにちは。SHIKIO HAIR DESIGN(シキオヘア)の吉川ミチオです✂︎

低温デジタルパーマについて!

通常のデジタルパーマは、80〜100度くらいで加温するのに対し

低温デジタルパーマは、40〜50度くらいの低温で加温していくので

髪の毛の負担は少なくなります。

通常のデジタルパーマは、一度薬剤を洗い流してから巻くのに対し

低温デジタルパーマは、髪の毛にお薬を塗布したらそのまま巻いていけるので

時間短縮できます。

仕上がりは、加温式のクリープパーマに近いです。

従来のクリープパーマは、機械を使って加温していたのに対し

低温デジタルパーマは、巻いたロッドが温まるので

従来のクリープパーマよりも、毛先のカールがつきやすくなりました。

濡れた時はしっかりカールがでますが、乾かすとカールが緩くなるのが特徴です。

パーマのスタイリングに慣れている方は、低温デジタルパーマをオススメします。

髪の毛の濡らし具合、スタイリング剤をつけるタイミングで、

カールに強弱をつけれます。

スタイリングの幅が広いので、いろんなアレンジを楽しみたい方は

是非、低温デジタルパーマを!

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です